某、銀と申します。~株式相場の練習帳~

相場の荒波に飲まれて溺死しないよう、波打ち際でビート板修行中。

あっという間に…。

ブログを開設して1年経ちました。

回顧録的な記事になるかと(笑)

 

去年4月に猫次郎さんの場帳を買って…。

場帳を毎日250銘柄書くようにして5月末でダウンするやら新日鉄のグラフを5回書き直したり…折れ線グラフのズレを修正しようとして間違えたところをゆっくり外そうとしたら変な方向に破れてやけになって3回書き直したなどいろいろと思い起こすことがありました。

 

ー1,1-の売買をやったり、途中から勝手な自己流を始めて「これじゃダメだぁ!」となって猫次郎さんに泣きついてから個人指導コースに入れてもらって10月に熱海に行って直接指導をしていただいたり、熱海に集まった先輩方といろいろ交流ができ、人生が急展開して非常に面白かった。

 

その後、奴隷リーマン業務が忙しく場帳更新とグラフが滞ったものの3月の売買では本業の月収をあっさり超える利益をわずか2週間の取引で稼いで(馬鹿が目を瞑っても稼げる相場だった笑)さらにやる気がヒートアップするなど自分の中では非常に変化のある1年だったようにおもいます。

 

沢山の人にもブログ上で交流があったので奴隷リーマンライフの決まった日常決められた毎日、決められた未来…に変化をもたらす一筋の光が差し込んだような1年になりましたね。

 

猫次郎さんが動画配信を始めてくださったお蔭で、本来熱海に行かないと聞かせてもらえないようなプロの手法をオンラインで学べるようになったというのは九州のへき地に住んでいるわたくしとしてはとても助かっています。

 

動画を見るうえで最低限の予備知識が必要(酒田罫線法などなど)なのですが、動画内の猫次郎さんのわかりやすい解説で現在疑問らしい疑問、質問らしい質問は…なし。

 

個人指導コースで予備知識を叩き込んでもらってその後動画を配信してもらっているので「よし!熱海に行って猫次郎さんに教えてもらおう。フフフフ♪」って思っていても動画で解説してあることが…何回も見直すとわかったりする。

 

実際の猫次郎さんの売買譜とリンクさせた場帳やグラフ、折れ線が必要になります(自分で用意)が、折れ線の位置、月足の位置、場帳の位置をリンクさせるとコツンの意味や玉操作のタイミングの理解度がすごく進みますよ。

 

ま、理解はできても体得、会得という意味ではまだまだアメェバですがね(笑)

 

破門されないよう、相場の荒波に殺されないよう、励みます。

それはそうと…含み損が…止まったなぁ…。

思っていたより下がらないな。

8617光世証券…これは…個人的にはコツンですかねぇ…。

まだわからんし曲がるけど(笑)

 

1年は生き残った…。

今後もこうしてブログにいろいろアップできるように慎重にやっていこうかと考えております。

 

こぼれ話。

月足を書いているときにふと思ったことを猫次郎さんに質問したのですが、

「分割や合併などで終値に調整後終値ていう記載があった場合、私は調整後終値終値で割ってから4本値すべて調整したものを電卓で計算しながら月足を描いていますが、如何せん時間が掛かりすぎます。猫次郎さんは20年分を2時間でお書きになるということでしたので何かコツのようなものはありますか?」と聞いたところ、「そのまま描いているよ。分割比率と※を書くけど」

 

 

ガーン( ゚Д゚)

 

。。。

 

電卓検定持っててよかった(違)…。

 

そんなことがあった。

しょっちゅうそういうことはあるからなぁ…。

分割合併のつど書き直していたらグラフコレクションが台無しになるね…。

 

後日入手した「やさしい低位株投資 旭洋子氏」の40ページに記述してありますね。

これから始める人はご参考までに。

 

書棚公開(笑)

f:id:gin-753:20210411091726j:plain